calendar

          01« 2018/02 »03          
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

プロフィール

姉ゴン時にゴン時々兄ゴン

Author:姉ゴン時にゴン時々兄ゴン
吾輩はゴンである。2007年9月4日チェコ生まれのオス。2008年1月、プラハに駐在していた兄ゴンとその妻、姉ゴンとファミリーになる。2009年11月、第2の祖国、ジャパ~ンに上陸。江戸下町での生活を経て2013年10月からシンガポールで生活。
その後アゲイン江戸下町での暮らしが始まった!

今日のベストゴン♪

コメントありがとうございます!

月別アーカイブ

カテゴリー

ご訪問ありがとうございます!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク集

犬ブログ フレンチブルドック

にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ

ヨーロッパ情報

にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ

シンガポール情報

フレンチブルドックひろば

フレンチブルドッグひろば

 ステロイド投薬しまーす♪ 






さてさて前回の記事の通り、昨年2月にゴンに腹水が溜まっている事が
判明した訳だが、血液検査の結果Alb(アルブミン値)が低かったり下痢が続いた事から
考えられる、蛋白漏出性腸症(IBD)の
確定診断を下すには全身麻酔をして病理検査をせねばならず
また全身麻酔かーーーーーと思うとなかなか前へ進む事が出来なかった😥






そうこうしているうちにゴンの体重は水によりどんどん増え、
そうさねー2キロ以上は肥えたね💦
歩くのも寝返りを打つのもしんどそうで見てるのも辛かった😭





そんな状態が1ヶ月ほど続き、ある日あまりに元気無く嘔吐したので

もーどうすりゃいいんじゃーーーーー!







と病院へ駆け込み、その日たまたまいらっしゃった循環器専門の
ドクターにエコーで診てもらったら、蛋白漏出性腸症の特徴的な症状
であるゼブラ小腸(小腸がシマシマ)が診てとれ、80%蛋白漏出性腸症で
間違いないだろう、と診断され、ようやく治療開始となる。






2018022011420043c.jpeg 長かったです。






この病気の治療には、諸刃の刃であるステロイドが使われる💉
最初の3日間はこの注射の為に通院🏥








すると









なんということでしょう!!









2日目くらいからお腹の水が抜けてきた😱











もう姉ゴン、泣く泣く😭









ゴンも体が軽くなって嬉しそう♪








4日目以降は毎日錠剤のステロイドを飲むことになった。






みるみる体重も減っていったが、下痢はたまになっていたので
下痢止めと消化剤の薬も飲み、療法食でコントロールすることになった💊







これ以降薬が手放せなくなる💧










20180220114158d49.jpeg ←ヨーダがヨーダで遊ぶ😅







これが2017年3月の出来事🌸











 腹水ってなんや⁉️ 




ヒヤシンスが咲いたーーーーーー!!!



20180216124031eeb.jpeg



姉ゴン、初めての水耕栽培🌸



部屋に花があるとそのカホリの効果もあり
気分も上がる👍














さて、2/4の記事の通り、2016年 年末にゴンは胆嚢摘出手術をし、
そん中に、何ということでしょう!
ガンが見つかった💦






まー胆嚢は取っちまったので今後は様子見ということで…












その後、月に一度、エコーと血液検査による定期検診をしていた。



201802161240343eb.jpeg 顔デカッ😅





そしたら






2017年2月初旬の定期検診でドクターから





「腹水が溜まってますね。」と。







はい?!








なんすか?腹水って?!






姉ゴン、困惑😱





その時は原因が何だかわからなかったので様子見となった💧









それから







日毎にゴンのお腹は水風船のように膨らんでいき
寝ていても苦しそうだし、食欲も落ちていった😰









もーなんでやねん!!






以前、友人から老犬になると次から次へと病気になるから
油断出来ないわよ〜と言われたのを思い出した😓







この腹水の原因がわかるまで姉ゴン、ネットの情報に惑わされ
気が狂いそうになった😱












20180216124034df2.jpeg オモチャ遊びも最近はすぐに飽きる。








まだまだ続く…







 春よ来い♪ 





朝はこんな↓状態のゴン😅

寒いの苦手だからね〜😓






20180207135916f18.jpeg









北陸の人たちには申し訳ないが、春はほんとに少〜しずつ
だけど近づいている。
太陽の光にそれを感じる今日この頃☀️








紫外線が強くなってる。







この寒波で気分が上がらなかった姉ゴン。
お天道様の力をお借りして、春を探しに花屋へ🏃‍♂️










ゲットしたのは









ヒヤシンス↓





2018020713591863d.jpeg











ゴンに見せると




201802071359182d3.jpeg












食おうとした😓



201802071359210d1.jpeg







ズボラな姉ゴンの初めての水耕栽培💐

ヒヤシンスのカホリは癒し効果もあるようなので
楽しみだ〜❤️









 胆泥症→胆嚢摘出→その先は?? 









2/2の記事ご参照✋




無事、全身麻酔から覚め、胆嚢摘出手術も成功したゴン。




抜糸するまでの10日間は散歩を控え、家でまったり過ごした。






20180204153029c22.jpeg←日光浴するゴン








療法食に切り替え、引き続き胆汁の流れを良くする薬を
処方された。










201802041530302ec.jpeg←暑いので半身浴にする。








そして








10日後。








抜糸と病理検査の結果を聞きに病院へ🏃‍♂️










そこでドクターから意外な報告が‼️










なんと取った胆嚢が神経内分泌細胞癌という
なんとも希少なガンに冒されていたのだ😱











どんだけ〜!!













ドクターも困惑顔😰











だから結果的には胆嚢取って正解っていや正解なんだろうけど
事前のエコー検査じゃわからないもんなんだね〜











201802041530318ab.jpeg←絶好のアングル







これが2016年 年末の出来事。













まだまだ続く…






 さあ、切腹!…いや、胆嚢摘出じゃ〜👊 








今朝も寒かった⛄️




ゴンはなかなか起きて来ない😅




20180202161937fc2.jpeg







さてさて1/25の記事の続き。









シンガポールで麻酔中に死んでしまったパグの話を聞き
手術に対する姉ゴンの気持ちは揺れる一方😓






悶々とした気持ちのまま、シンガポールから日本の実家へ帰る
リムジンバスに揺られ、ふと夜空を見上げると、
なんとまあ綺麗な満月🌕









良し、大丈夫だ!







と、まー根拠レスな自信に満ち




女に二言は無い、と手術を決めた。









4日後、空腹の状態のゴンを病院へ連れて行った。
ゴン、極めて元気。
姉ゴン、「大丈夫だあ〜」と自分を励まし、ゴンを病院に託した。








昼休み中に手術を行うので夕方には電話を頂戴出来る、とのこと。
万が一、麻酔中に容態がおかしくなって手術を中断するような場合は
連絡します…





って、え〜‼️





そんなの、勘弁勘弁ご勘弁でしょうよ❗️あーた。











その日の長かった事💦









ただでさえ落ち着き無い姉ゴン、とても家でじーっとなんてしてられないので
街を徘徊🏃‍♂️








夕方、スマホの呼び出し音がやけにデカく感じる💦




「無事手術終わり呼吸も安定してますよー」と看護師さんから。









姉ゴン、座ってたけどヘナヘナとへたり込み、
五木ひろし宜しく、ガッツポーズ💪












こんな思いは一度でたくさんだ‼️







201802021619353a6.jpeg こんちくわ〜








| HOME | NEXT