calendar

          09« 2017/10 »11          
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

姉ゴン時にゴン時々兄ゴン

Author:姉ゴン時にゴン時々兄ゴン
吾輩はゴンである。2007年9月4日チェコ生まれのオス。2008年1月、プラハに駐在していた兄ゴンとその妻、姉ゴンとファミリーになる。2009年11月、第2の祖国、ジャパ~ンに上陸。江戸下町での生活を経て2013年10月、とうとう南国シンガポールに来てしまった!常夏の国での生活を気ままに綴っていくよ。

今日のベストゴン♪

コメントありがとうございます!

月別アーカイブ

カテゴリー

ご訪問ありがとうございます!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク集

犬ブログ フレンチブルドック

にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ

ヨーロッパ情報

にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ

シンガポール情報

フレンチブルドックひろば

フレンチブルドッグひろば

 スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 a fine day 

先週は天気の悪い日が続いてしかも寒かったので

権三郎、外に出るチャンスが少なく・・・悲しい

今日、やっと好天に恵まれたので裏のセントラル・パークへゴー!















公園に着くやいなや猪豚いのしし手書き風シリーズ44ブタと化すゴン汗とか

Fine day1










本日1匹目のおともだち
何故か逃げるゴンダッシュ

Fine day2r










ジャックラッセルテリア君いぬ

Fine day3r











恐らくこのテリア君、まだパピーだろうにテリア系だけあって気性が荒く
(ってゴンが鈍臭いって噂もあるけど・・・)慣れてくるとゴンを追っかけまわし、
本気じゃないけどゴンの耳をガジガジ噛みだしておまけにこの後、兄姉ゴンとゴン
がフリスビーで遊んでいるとこのテリア君が突如参加し始め仕舞いにはフリスビーを
くわえて走って行ってしまったけむり
ジャックラッセルテリアを飼っている友人が、この犬種は気が強いので躾に苦労した、と言っていたのを思い出したよ絵文字名を入力してください

Fine day4r












そこへ・・・

あらら珍しい

パイド(白黒)のフレブル(女)登場フレブル3

・・・ってゴン、あんたどこに頭突っ込んでるんや!

Fine day5r








兄ゴンがパイドちゃんをかまうとゴンがヤキモチ焼いて必ず寄ってくるかお

Fine day6













このパイドちゃん、実は左目と左耳を損傷している。
飼い主に話を伺ったところ、昨年のクリスマス前のとても寒い日、
シェルター(動物保護施設)でパイドちゃんと出会い一目惚れし引き取ることに
したそうだ。
だから実年齢も知らない。(恐らく5、6歳だろうとのこと)
どういう過去を背負っているのか知らないけどパイドちゃん、今は
優しい飼い主の下、愛情一杯注がれて生活している。
人間にもワンコにも警戒心なく無邪気にじゃれついてくるその姿を
見てそう思ったよ。

Fine day7











この↓お姿。
あちらの飼い主さんは「羊羊 顔みたいだ。」と笑っていたけど、
姉ゴンには豚ぶた pkkに見えたよ。

Fine day8r











やっぱりまだまだ子供のゴン。
相手の気を引こうと一発芸を繰り返し・・・

Fine day9r











こんなジャンプも披露ピース

Fine day10













日本と違って欧州ではペット・ショップで犬や猫は売られていない。
なので犬や猫を飼う場合は知人から譲ってもらうかブリーダーから買うか、
シェルターから引き取るかになる。
プラハで知り合ったワンコ友達、シェルターから引き取っている人が意外と多い。
様々な過去を背負いながらも新しい飼い主の下、人間と共存出来るように
厳しく躾けられ、だからこそいつも一緒にいられて幸せを感じる。

写真はないけどこの日もう1匹、ラブラドールの月齢7週間の仔犬と出会った。
飼い主は「仔犬の社会化期を私と暮らし、その後盲導犬養成学校へ入れて
卒業したらハンディキャップのある方々と共に生活するんだ。」と。










犬との関わり方って多様だ。














今日もブヒッと↓宜しくだす。
にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ
秋の夜のお供に・・・ | HOME | 忘我

COMMENT

過去の記事にコメントですんまそん

そういうの見ると コチラの犬とともに生きる社会の成熟さが垣間見れる感じですよね。それでもまだまだなんでしょうけど。
自分の行ってるシェルターでも引き取りに来る人 たくさんいます。それからシェルターの安楽死ポリシーってのも徹底していて なんか日本の保健所ってのもな… と思ったり。

権ちゃん お外だと顔の表情も動きもイキイキですな!
2008/11/04(火) 00:09:34 | URL | keiks #nwW5O6Y6 [Edit]
keiksさん、そうそう社会の成熟度たるもの
日本はまだまだですね。人間もでしょうけど・・・
ゴンはいずれは日本に帰る身。怖いです~
2008/11/05(水) 18:12:45 | URL | 姉ゴン #- [Edit]
ごんちゃん、スタコラサッサ、凄い顔! ジャンプ姿も目をむき出しで、これまた凄い!やっぱり親になんだろうなぁ~。 ^0^ 
2008/11/11(火) 23:34:09 | URL | ねん子 #- [Edit]
ねん子さん、”親似”?って勿論
兄ゴンってことでしょうね?!
2008/11/12(水) 05:47:55 | URL | 姉ゴン #- [Edit]

COMMENT FORM


TO SECRET
 

TRACKBACK URL to this Entry

TRACKBACK to this Entry

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。