calendar

          09« 2017/10 »11          
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

姉ゴン時にゴン時々兄ゴン

Author:姉ゴン時にゴン時々兄ゴン
吾輩はゴンである。2007年9月4日チェコ生まれのオス。2008年1月、プラハに駐在していた兄ゴンとその妻、姉ゴンとファミリーになる。2009年11月、第2の祖国、ジャパ~ンに上陸。江戸下町での生活を経て2013年10月、とうとう南国シンガポールに来てしまった!常夏の国での生活を気ままに綴っていくよ。

今日のベストゴン♪

コメントありがとうございます!

月別アーカイブ

カテゴリー

ご訪問ありがとうございます!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク集

犬ブログ フレンチブルドック

にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ

ヨーロッパ情報

にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ

シンガポール情報

フレンチブルドックひろば

フレンチブルドッグひろば

 スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 思春期 

きちんとお座り


姉ゴンの想い。

今日は兄ゴンの会社のチェコ人が家の用事で来た。
月齢10ヶ月弱の権三郎は最近マウンティング(=人の足にしがみ
ついて腰を振る。自分の優位性、支配性を示す行動。)するようになり、
今日もそのチェコ人の足に・・・がーン
姉ゴンが大声で叱っても止めず。
彼は自分でもラブラドールのオスを飼っており犬の扱いにたいそう慣れていた。
無言で首根っこを掴みゴンの体を持ち上げた。
「キャン、キャン!!」とゴンが鳴いた。
それ以降決して彼にマウンティングすることも無く落ち着いた様子のゴン。
主従関係が確立。
あっぱれ!拍手

日本では手を出すことは虐待と騒がれ、あまり好ましくないとされる犬の躾方。
でもチェコではよく見かける。
リーダーウォーク(=飼い主の横にきちんとついて歩くjumee☆walkdog1)が出来なかったり、
リードにじゃれたりしながら歩く犬に対し、上記のような方法や足で蹴ったり。
どんなに小さい犬でも。
最初は驚いたけれど、欧州は犬を家の中で飼うのが当たり前だし、公共交通機関にも
乗せるし、ホテルやレストランにも連れて行くので、飼い主と常に一緒に居たい犬は
こういう躾やマナーがきちんと出来ていないと結局快適に過ごせない。
お互いの為に必要なことなんだ、とゴンを飼って痛感。
出来ないと、ここでは”馬鹿犬”のレッテルを貼られてしまう。ガーン
メリハリが大事。
その彼も怒った後、帰り際にゴン目線に座って「Good boy!」と撫でてくれた。

う~ん。なんか目から鱗。
あまりに感動したので思わずブログにしたためてしまった。sai.wingpen


そろそろ・・・ | HOME | 初めての海外

COMMENT

ははは、またやっちゃったね。 ゴンちゃん。 

私はアメリカに住んでいますが、やはりしつけは厳しくしています。といっても、手に負えなそうな犬も良く見ますけど・・・。 人間と動物が、仲良く気持ちよく過ごすには必要だと、娘犬が3歳になろうとしている今も、毎日思います。 だから、姉ゴンの気持ちよ~わかります。 犬に人間も育てられるわけですね。
2008/07/05(土) 10:41:42 | URL | #- [Edit]

COMMENT FORM


TO SECRET
 

TRACKBACK URL to this Entry

TRACKBACK to this Entry

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。